富士テーブル(SFJ)

鏡のような湖面に映った逆さ富士を描いたインテリア水槽。3DプリンターとFRPの技術が利用され、従来のバーズアイ水槽よりもっと小さく、軽く、価格の手頃な高級テーブル。様々な色柄を合わせて、まるで生きた美術品のような世界唯一のリビングルーム家具。

上から鮮明に見える

バーズアイ水槽は
国内で開発、設計、製造され、
水面と天板ガラスは密着し、
上から鮮明に見えるテーブル型水槽です。

この仕組みで世界各国で特許取得済み。

特許について

濾過能力が高い

テーブルの下のデッドスペースを
無駄なく容量比率の高い濾過槽に活用し、
自然に近い方法で水を浄化する仕組みのため
水中生物にとっては健康的環境、
飼育者にとっては管理の簡単な水槽。

水槽設置後、内容によりますが
1ヶ月程度で水質が安定されたら、
海水魚飼育でも大がかりな設備なしで
3~6ヶ月に一回水換えだけで良いから
魚の飼育はとても楽。

※水の蒸発に伴う水足しは必要。
※日々の給餌は必要ですが、自動給餌機の取り付けも可能。

オールインワン

煩雑になりやすいポンプ、LEDなどの
水槽付属品やその配線を内部に収容し、
拘りの塗装で隠されたので
外装はスッキリ。

部屋の中心にあるのに
普段はあまり注目されないテーブルを
印象的なアクアインテリアに変身させ、
空間の主役に。

低い設計で室内空間が広がり、
優雅な水世界を演出でき、
家族みんなで楽しめる。

大空を羽ばたく鳥と同じ眺めであることから
「バーズアイ水槽」と名付けました。

① 天板ガラス

上から鮮明に見えるバーズアイ水槽のコア部分。ガラスの周囲に本体の色に合わせて貼り付けた装飾シートは、万一の破損の際にも飛散防止するので安全。 天板ガラスを外すことで日常の水槽メンテナンスを行うことができる。

② 観賞槽
お魚の飼育槽。鉢のような形で、上から見る効果を考えながらレイアウトするのがお薦めです。

※装飾用品は付属しておりません。

③ 照明スペース
観賞槽の壁にある、専用LEDストリップを取り付ける収納空間。水槽の照明にはもちろん、部屋の間接照明にもなる。
⑦ クッションマット
本体の下に敷く。特に水槽が満タンになった時、水圧を平均的に受ける役割のある部品です

※付属しておりませんが、オプションとしてご購入可能。

⑧ 外装飾

塗装職人によって唯一の雰囲気が表現された外装で、今までのないインテリア水槽を演出。

④ 電気室
本体中段にある各電力装置の電源とプラグ、テーブルタップなどを収納するスペース。テーブルフレームの中にあるのでケーブルはスッキリ収納。テーブルタップのケーブルを一本テーブルの外に出すだけなので、水槽があってもしっかりと整理整頓された部屋になる。

※テーブルタップなどは付属しておりません。

⑤ 濾過槽
テーブルの下にある、水の浄化槽。それぞれの濾材(F1、F2、F3)や水中ポンプ(P)を入れられるよう、いくつかのコンパートメントに分けられた。濾過槽の容量は観賞槽の容量と相当するので、濾過能力が高い。淡水魚だけでなく、環境の変化に敏感な海水魚も、水質に厳しい珊瑚も、自然な方法で簡単で飼育できる。テーブルフレームの中にあるので、濾材が外から見えずに簡潔で優雅な家具を演出できる。

※濾材は付属しておりません。

⑥ 配管システム
飼育水を観賞槽から濾過槽にオーバーフローし、浄化させて、水中ポンプによって濾過槽から観賞槽まで戻すという水循環の仕組み。
(A) アダプタ プラグ付
100~240Vの交流電圧を直流電圧に変更する装置。PSEマーク取得済み。
(B) 延長ケーブル
アダプターとワイヤードコントローラーの距離を延長するケーブル。電源が遠い場合には必要。

※付属しておりませんが、オプションとしてご購入可能。

(C) ワイヤードコントローラー
色変更LEDストリップの色、点滅フラッシュ、スムーズ変化、明るさをコントロールする。スイッチとメモリー機能も付いている。
(D) 色変更LEDストリップ
水槽の照明。赤、緑、青、ピンク、黄色、水色、白色など、7色以上の色彩を光らせることができる。
照明システムの概念図
濾過システムの概念図

おうち水族館

おうち水族館は魚を飼育したい、ミニ水族館を作ってみたいお客様に
お店やご自宅で簡単に水槽を立ち上げることができるように誕生したシーリズです。
水槽設置時・レイアウトする時に欠かせない用品・生体はもちろん、
水槽設置後に日頃の管理が手間なく濾過能力の良いミニ水槽セットを提供し、
あなたの部屋で美しい水世界で最高の癒し空間を演出!




品名

品番

製品外寸

外装色

梱包外寸

天板ガラス

観賞槽

照明スペース

電気室

濾過槽

配管システム

クッションマット

テーブルフレーム

水中ポンプ

LED照明

FUJI 50 ホワイト

外寸:50㎝x50㎝xH25㎝

88,000/台

FUJI 50

SFJ050050025W

Φ50cm x H25cm

ギャラクシーホワイト

W60cm x D60cm x H35cm

エーハイムコンパクト600

(または同様のもの)

色変更LEDセット

FUJI 50 ブラック

外寸:50㎝x50㎝xH25㎝

88,000/台

FUJI 50

SFJ050050025B

Φ50cm x H25cm

ギャラクシーブラック

W60cm x D60cm x H35cm

エーハイムコンパクト600

(または同様のもの)

色変更LEDセット

FUJI 50 ブルー

外寸:50㎝x50㎝xH25㎝

88,000/台

FUJI 50

SFJ050050025L

Φ50cm x H25cm

ギャラクシーブルー

W60cm x D60cm x H35cm

エーハイムコンパクト600

(または同様のもの)

色変更LEDセット

FUJI 50 イェロー

外寸:50㎝x50㎝xH25㎝

88,000/台

FUJI 50

SFJ050050025Y

Φ50cm x H25cm

ギャラクシーイェロー

W60cm x D60cm x H35cm

エーハイムコンパクト600

(または同様のもの)

色変更LEDセット

FUJI 50 グリーン

外寸:50㎝x50㎝xH25㎝

88,000/台

FUJI 50

SFJ050050025G

Φ50cm x H25cm

ギャラクシーグリーン

W60cm x D60cm x H35cm

エーハイムコンパクト600

(または同様のもの)

色変更LEDセット

FUJI 50 ピンク

外寸:50㎝x50㎝xH25㎝

88,000/台

FUJI 50

SFJ050050025I

Φ50cm x H25cm

ギャラクシーピンク

W60cm x D60cm x H35cm

エーハイムコンパクト600

(または同様のもの)

色変更LEDセット

バーズアイ水槽についてのよくある質問

今までにもテーブル型水槽はありました。何が今までの商品と何が異なるのですか。
他社のテーブル水槽は上から鮮明に見えることはできず、空気の層があることにより飛沫や魚の飛び出しもありました。また、濾過能力が不十分でなかったり、メンテナンス性が良くなかったりしました。 一方、バーズアイ水槽は上から鮮明に見える方法で特許を取得。開発と設計に非常に多くの時間をかけ、構造はシンプルにしつつも機能性とデザイン性を追求しております。
バーズアイ水槽は密閉しているように見えます。酸素不足でお魚は大丈夫ですか。
上から鮮明に見える観賞槽は密閉しているように見えますが、濾過槽を通る時、空気と接するので酸素は十分に供給されています。
魚はストレスを感じやす生き物ですが、魚の健康状態は問題無いのですか。
もし、水槽を強く叩いたとしたら魚は怯えてしまうかもしれませんが、通常使う上では特に驚くことはありません。むしろ常に近い距離感に魚たちも慣れ、上目遣いで人間の様子を観察しているのが分かるようになりますよ。
バーズアイ水槽をどこで設置すれば良いですか。
バーズアイ水槽はテーブルとして使うもののため部屋の中心に置けばいかがでしょうか。 また、一般の水槽と同じように、直射日光が差し込む場所やエアコン、ヒーターの風が直接当たるような場所やテレビ、パソコンなど水に弱い電化製品の近くに置かないようにしてください。 尚、上から鮮明に見るなら、きちんと平らな床が必要です。床の水平の調整が難しい場合、スペーサーを入れて水槽の水平を調整してください。 内装を行う場合にはバーズアイ水槽を置く予定場所で電源を設置したほうが良いですが、既に入居している場合、または改装が難しい場合は、ケーブルモールを利用してソファーの奥まで水槽のケーブルを誘導するのがお勧めです。
濾過能力が高いと強調されていますが、メンテナンスをしなくても大丈夫ですか。
バーズアイ水槽はテーブル下のデッドスペースを最大限有効活用し濾過能力を大きくしています。それは一般的な水槽と比較しても優位性がある大きさです。但し、生き物を飼育するためには基本的なメンテナンスは欠かせないことをご理解頂きたいと思います。 手間をかけたくない場合は、山梨県東部でしたら弊社のメンテナンスサービスを、それ以外の全国、全世界でも弊社指定の水槽管理会社のサービスをご利用いただけます。
濾材は何を使えば良いのでしょうか。
海水魚やアフリカンシクリッドでしたら珊瑚砂、淡水魚でしたら高濾過溶岩砂や川砂やソイルが良いでしょう。
濾材はどこに置けば良いのでしょうか。
高濾過溶岩砂や川砂やソイルや珊瑚砂など、底砂として使えるものは観賞槽の底に敷いたら濾過の役割をしてくれるのでお勧めです。 バーズアイ水槽の濾過槽はいくつかのコンパートメントに分けられた。観賞槽の飼育水が配管によって濾過槽に誘導されますので、最初のコンパートメントで、残餌やお魚の糞をフィルターするためにコットンを入れます。オーバーフローした水の音を減らす役割もします。そして、溶岩粒・砂或いは珊瑚砂利・砂等の濾材を真ん中のコンパートメントに入れると高度的な水浄化をしてくれます。必要であれば活性炭等もご利用ください。 これらの濾材をネットに入れてから濾過槽に入れると取り出す時の手間は少なくなるのでお勧めです。然し、濾材を詰めすぎると水の循環が悪くなります。濾材が水面より多少出ている部分も浄化効果はあります。
日常のメンテナンス方法を教えて下さい。
魚を投入する前に有益なバクテリアが繁殖するまで、水を回すだけの期間が必要です。 お魚投入後、苔・藻取りや魚の食べ残しの掃除や魚の体表に付く寄生虫を食べるというクリーニング作業をしてくれる魚、エビ、貝類を入れたらメンテナンスはより楽でしょう。また、急激な魚の投入や過密飼育は苔・藻が発生しやすくなり、水質も急激に悪化するのでご注意ください。日常の給餌、水足しなど一般的な観賞魚の飼育方法と同じです。
給餌方法を教えてください。
2通りあります。天板ガラスを持ち上げて観賞槽に直接投入するか、濾過槽にある水中ポンプに吸い込ませて観賞槽に送り込む方法です。 観賞槽に直接給餌する方法なら、魚種によっては生きているお魚が飛び出す場合がありますので水中ポンプは一旦止めてから作業するのがお勧めです。また、オーバーフローパイプに近いところに投入すると、餌が逆流している水と一緒に濾過槽に落ちる可能性があるので、水の中に入れてから手放すかやや遠い場所から投入するのがお勧めです。 濾過槽から給餌する方法なら、水中ポンプのあるコンパートメントの蓋を開けて水中ポンプに吸い込ませるように餌を投入すれば、配管によって観賞槽までに送り込みます。従来のオーバーフロー水槽でもできるのですが、水槽内に拡散し魚達に平均的に餌を与えられる良い方法です。 また、自動給餌器というオプションをご追加になったら、弊社にてニッソー社製のオートフィーダーが取り付けることができるよう加工致しますので、ご指定通り自動的に給餌するから便利でしょう。 然し、水中ポンプに吸い込まれないと、濾過槽に残った餌が腐敗するのでメンテナンス時は充分ご確認ください。
加水方法を教えてください。
2通りあります。天板ガラスを持ち上げて観賞槽に入れるか、濾過槽の蓋を開けて中に入れる方法です。 観賞槽に直接入れる時、レイアウトを崩れないように上にシートを敷いたら良いでしょう。その際魚種によっては生きているお魚が飛び出す場合がありますので水中ポンプは一旦止めてから作業するのがお勧めです。 濾過槽に入れる時、水位が水位ラベルを超えないようにしてください。最大水位は濾過槽の上端から4㎝下が目安です。水を入れすぎると、水中ポンプが止まったら、観賞槽にある一部の飼育水が下にある濾過槽に逆流するので、溢れる恐れがあります。床濡れになる可能性があるので十分ご注意ください。 加水でしたら水道水で十分です。塩素に不安と感じたら一泊前に容器に溜めたり、エアポンプを入れたり、塩素を揮発させてから足したら良いでしょう。 海水水槽の場合は、水が少なくなるのが水の蒸発だけで、塩分の量は変わらないので、水を入れるだけで十分です。然し、その前後も、塩分濃度を測ったほうが良いでしょう。
水を足さなくても大丈夫ですか。
魚の栄養分を補給するために水道水を定期的に入れたほうが良いと考えられます。 また、水の蒸発によって、濾過槽の水が減ると共に濾過能力も減りますし、特に海水の場合は水を一気に足しすぎると水質の変化が激しすぎますし、水中ポンプやヒーターなどが一旦水面に露出したら火事になる恐れがあるので、2週間に一回程度4㎝までの水足し作業をしてください。
濾過槽の蓋を閉めなくても大丈夫ですか。
蓋を閉めると水の蒸発率が大分減りますので濾過槽の蓋は閉めてください。
魚が死んだ場合はどうすれば良いですか。
天板ガラスを持ち上げて、ネットなどで掬ってください。また、その際魚種によっては生きているお魚が飛び出す場合がありますので水中ポンプは一旦止めてから作業するのがお勧めです。
飲食店への導入を検討していますが、壊れやすいのですか。
一般的に人は壊れやすそうかどうかを瞬時に判断するものなので、初めて見るお客様がいたとしても通常は乱暴に扱うことはしないでしょう。ガラスの周囲に貼り付けたフィルムは、万一の破損の際にも飛散防止するので安全です。
上から鮮明に見えません。何か問題ありますか。
電気配線がしっかりしている場合、以下の可能性が考えられます。

  • 天板ガラスの枠が適格な位置ではないかもしれません。ズレていないかご確認ください。
  • ポンプの出力が「弱」になっている可能性があります。レバーで調節しながらご確認ください。または古くなると出力が弱くなるか、砂が挟まれているなど水中ポンプの問題の可能性もあります。その際には水中ポンプの説明書を見ながらご確認ください。
  • 配管が外れている可能性があります。ご確認ください。
  • 床が水平ではない可能性があります。多少の水平差は許容しますが、必要であればスペーサーなどで微調整してください。
株式会社スプリング

株式会社スプリング

世界各国で特許を取得したバーズアイ水槽を始め、
様々なアクリル水槽を山梨にある自社の工場で
製造しているアクアリウムのイノベーターです。