• HOME
  • SPECIAL
  • 専用クーラー開発情報

専用クーラー開発情報


モデル「レクタングラ」に取り付けできるクーラーの開発情報

バーズアイ水槽のクーラーについて

クーラーの取り付けは簡単

設置場所としては新聞や雑誌、書類などを置くスペースが「レクタングラ」にはありますが、その部分のスペースに配置します。(濾過点検口の数だけ増設も可能)

ヒートパイプとヒートシンク

その直下には絶えず飼育水が循環する濾過槽があり、ヒートパイプを配置するのに距離が短く効率な冷却を期待できます。

横方向のファン

書類スペースを通り抜けたエアーを外側に排気されます。

ペルチェ式

省スペースのペルチェ式で効率良く排気し冷却力を高めます。

専用クーラー開発経緯

120cm以上のバーズアイ水槽は市販の観賞魚用クーラーを取り付ける加工が可能で、クーラーが必要なお客様には120cm以上のモデルにご購入頂いていました。

しかし、小さいサイズでもクーラーが欲しいとうご要望がありましたので、既に販売中のバーズアイ水槽「レクタングラ」には後からでもクーラーの取り付けができるように レクタングラ開発当初から設計しておりました。バーズアイ水槽はその特性上、揚程差が小さくポンプの発熱量も少ないのでクーラー能力と電力を控えめにできる事がわかっています。 現在は開発中なので発売までお待ちください。

バーズアイ水槽のモデル一覧(特注デザインはご相談くださいませ。)